プロを目指す方々へ

生徒長く続いた日本国内の学歴というカテゴリ内の価値観として、大学卒を1つの金看板と捉える向きは、現在も全否定出来ない概念として定着しています。確かに大学は専攻分野をより掘り下げて学ぶ教育施設ですが、基本的にはあくまで机上の論理の学習が中心です。実際に職域と称される現場で、即戦力となる「技術」という、身体で覚える専門的なテクニックや応用力に関しては、在学中の座学だけでは十分習得出来ずして当然です。

対して専門学校は、よりジャンルから学ぶ範疇を絞り込んで特化から、座学のみならず実習にも大きなウエイトを置く授業が届けられる教育施設です。とりわけより専門的で特殊な知識と技術を極めるのであれば、専門学校の「より狭いながらもより深い指導」が、目指す分野での活躍に直結するとの判断は、決して間違いではありません。

とりあえずより安定かつ好待遇の企業への就職をゴールとし、入社後に与えられた職責を生き甲斐とする歩み方もあれば、学生時代から「なりたい自分自身」を明確に見据えて学ぶのもまた、価値ある人生の歩み方です。専門学校は後者の価値観で歩もうとする方々にとって、夢への懸け橋の役割を果たしてくれる進学先として、選択肢の1つにぜひ見据えていただきたい存在です。

関連サイト・・・専門学校
(様々な分野の勉強ができる専門学校のホームーページです。)